カピバラさんぽ
ホームリンクサイトマップ どんな動物? 生態触れ合う主な仲間キャラクターQ&A
ホーム > どんな動物? > 性格

性格

動物園などで触れ合ったりしたことがある人なら分かると思いますが、カピバラはおとなしく、おだやかな性格を持っています。ちょっと何を考えているのかと思うこともありますが、そこがまた何とも言えずカワイイと評判だそうです。

いやし系のおだやかな性格♪

カピバラは、とってもおだやかな性格の持ち主です。おとなしすぎて、一見まわりのことに対しては無関心なようにも見えてしまいます。もちろん人間に対しても、こうげきしてくるような態度は取りません。

ほかの動物に対しては無関心なときもありますが、自分がいる群れや家族に対してそんなことはなく、すごく優しく接します♪

天気のいい日には、ひなたぼっこをしながらボーっとするのが大好きなんですよ!いたってマイペースな行動に、見ているこっちが眠たくなるほど(笑)。置物のように固まっていることも多いので、活発な動物が好きな人には物足りないかもしれませんけどね。

カピバラ人気の秘密は、“何があっても動じない”というような性格にあるのでしょう。

まさに“いやし系”という言葉はぴったりの動物ですね!

カピバラは怒るとどうなる?!

今このサイトを読んでくれている人の中に、おだやかな性格のカピバラが、怒ったところを見たことがある人はいるでしょうか?

のんびりした行動を観察していると、はたしてカピバラには“怒る”という感情があるのかなぁ〜なんて思ってしまいます。

カピバラはおっとりしている性格のほかに、臆病な面も持っています。人間が追いかけまわしたり、普通は怒るだろうなぁと思うようなことをされると、カピバラはその場から立ち去ってしまいます…。

仲間同士ではケンカもしますが、こうげきされたほうは向かっていくのではなく、すごすごと退散します。機嫌がわるいときも、ちょっかいを出さなければ、自分から怒り出すようなことはまずありません。

見た目と性格のギャップでファン急増中!

大きなたたずまいと、おっとりした性格。体が大きいと怖そうに見える動物も多いですが、カピバラはそんなことありません。

やさしい性格で触っても嫌がることがないため、大人だけでなく、子供にも人気があります!たいていの子供は怖がることなく、自分からどんどんカピバラに近づいていきます。カピバラのほうもなでられたりすると、もうすっかり満足の表情に♪

初めてカピバラを見る人は、その大きさにビックリしてしまうかもしれません。けれど、すぐに見慣れて、きっと虜(とりこ)になってしまうことでしょう。

また、カピバラをモチーフにしたキャラクター人気もあいまって、興味を持ち始める人も増えています!愛嬌(あいきょう)のある表情やしぐさは、多くの人々の癒しとなっています♪

カピバラの鳴き方

カピバラも他の動物と同じように、その場面ごとにいくつかの鳴き方をします。威嚇(いかく)するときは「ゴッゴッ」という声、警戒(けいかい)しているときは「ピャッピャッ」や「グゥーグゥー」という声、リラックスしているときなどは「クククッ」という甘えたような声を出して鳴きます。

警戒音は人間の歯ぎしりの音にも似ていて、てきが近づいていることを仲間に知らせる鳴き方で、さらに近づいたときは「ワンワン」と犬のような鳴き方もします。

この声を合図に周囲のカピバラは、いっせいに水の中へと飛び込みます。このほか、「ピーピー」とまるで小鳥が鳴くような声を出すときがあるのですが、これは母親と子供のあいだで使われる鳴き方です。

仲間同士でさまざまな鳴き声を上手に使い分けて、一生懸命にコミュニケーションをとり、物静かな見た目とは逆に結構にぎやかな一面も持っています。

↑ページの一番上にもどる

前のページへホーム次のページへ