カピバラさんぽ
ホームリンクサイトマップ どんな動物? 生態触れ合う主な仲間キャラクターQ&A
ホーム > 触れ合う > 動物園に行こう!

動物園に行こう!

さぁ、動物園に行ってカピバラと触れ合ってみませんか?全国各地の動物園で、カピバラは飼育されています。ここでは、動物園に行くときの注意点や、カピバラとの触れ合い方のコツなどを紹介しましょう。また、筆者が選んだ人気の動物園も要チェックです!

動物園のカピバラ

マイナーな動物と思われるカピバラですが、日本でも結構いろんな動物園で見かけます。

暖かい国の動物なので、冬の寒さが厳しくなる地域の動物園では、冬期の展示はしていないところもあります。

カピバラを飼育している動物園の多くは、天気のいい日に放し飼いにしています。なので、カピバラにエサをあげたり、触ったりして自由に触れ合うことができるんですよ!

動物園にいるカピバラも野生のと同じで臆病な性格は変わりませんが、それでも人にはだいぶなれています。中には、他の動物と混合飼育しているところもあって、仲良くまったりしている光景を見れたりもします。

上手な触れ合い方

体の大きさから触ったら噛み付かれるんじゃ…?と思っている人もいるのではないでしょうか。優しい性格のカピバラは噛み付いたりしませんよ。優しく近づいて触れましょう。

特にエサを食べているときは、思う存分なでることができるチャンスです!カピバラのほうも、なでられているとついウトウト…。

もちろん、眺めているだけでも癒されます♪ただ、カピバラのまわりをぐるっと囲まないように注意してください。

動物園に行くときの注意点

カピバラに限らず、動物と触れ合うことを目的として動物園に行く場合、どんなことに気をつければいいでしょう?まず、第一にオシャレをして行かないこと!

帽子に露出の少ない服、ジーンズ、スニーカー、リュックなど…山登りに行くような服装をおすすめします。自由に動き回れる服装にしてくださいね。

また、香水などもつけないほうがいいでしょう。動物はニオイに敏感です。香水はこうげきされる原因になってしまうかもしれないので、十分な注意が必要になります。

カピバラに会える国内の動物園

カピバラと触れ合える動物園は、全国に27ヶ所もあります!その中で、私が独断で選んだ動物園を5ヶ所紹介します!

みなさんも機会があったら、ぜひカピバラに会いに行ってみてくださいね♪

恩賜上野動物園

日本初の動物園として1882年にオープンしました。

約500種もの動物が飼育されていて、東園にはアジアゾウ、西園には2008年で開園60周年の子ども動物園などがあり、ウサギやモルモットなど動物とふれあえるコーナーが人気です。

かわいいカピバラ親子も見ることができます!

市原ぞうの国

日本で最多数のゾウを飼育している市原ぞうの国。ゾウ9頭を中心に約100種の動物が飼育されています。映画「星になった少年」のモデルになったアジアゾウのランディにも会えますよ!

カピバラも天気のいい日には、放し飼いにされているため思い切り触れ合うことができます!

富士サファリパーク

大自然に囲まれた富士サファリパークでは、全国に150頭しかいない木曽馬や、絶滅危惧種になっているツシマヤマネコを見ることができます。

自然の中でのんびりと過ごしているカピバラに心が和むでしょう。

伊豆シャボテン公園

約100種の動物と触れ合える伊豆シャボテン公園では、チンパンジーやコンゴウインコの学習発表会が大人気です!

ここで飼育されているカピバラは、冬に温泉に入ることで知られています。カピバラが温泉に入る貴重な姿を見ることができるのは、ここだけですよ!

長崎バイオパーク

カピバラの飼育数35頭は、日本一!お腹が空くと、自分で扉を開けて他のエリアに散歩に行きます。人にもなれていて優しくなでてあげると、とっても気持ちよさそう♪

ほかにも、カンガルーやリスザルなど色んな動物が飼育されています。人と動物が入り乱れ、動物好きにはたまらない場所ですよ!

↑ページの一番上にもどる

前のページへホーム次のページへ