カピバラさんぽ
ホームリンクサイトマップ どんな動物? 生態触れ合う主な仲間キャラクターQ&A
ホーム > 主な仲間 > ネズミ

ネズミ

カピバラは、ネズミの仲間といわれています。かなり大きいので、はっきり言ってネズミには見えませんが、カピバラの口元を見ると納得してしまいます。1000種類以上もいるネズミは、どこの国でもたいていは迷惑がられているそうです。

ネズミの種類

冒頭でもふれたように、ネズミは1000種類以上もいます。この中に、カピバラも入っているんですね。一般的にネズミは、野山に生息するノネズミと民家に出没するイエネズミに分けられます。すべての種類は紹介できないので、私たちにも馴染み深いイエネズミを中心に見てみましょう。この3つは、ネズミ上科に分類されます。

ハツカネズミ

ハツカネズミは、倉庫や物置に巣をつくります。民家やビルなどにも住みついています。

家族で生活していることが多いようですね。ハツカネズミは、妊娠期間が約20日間あることから、その名前がついたとされています。

体長60〜90mm、体重30g、毛色は灰褐色をしています。

クマネズミ

クマネズミは、ビルや民家の天井裏などに巣をつくります。最近は、このクマネズミが住宅地に増えてきているんですよ。

前のほうに倒すと目が隠れてしまうくらい、大きな耳を持っています。体長150〜230mm、体重200gと、ハツカネズミより大きな体をしています。背中が褐色で、おなかの部分が黄褐色をしています。

ドブネズミ

ドブネズミは、土の中や下水管に巣をつくります。

体長220〜260mm、体重500gもあり、クマネズミよりもさらに大きな体をしています。赤褐色のものもいれば、黒っぽい色のネズミもいます。

ドブネズミは高いところにのぼることが苦手なので、地下など低い場所での活動がおもになります。

その他のネズミ

さて、カピバラですがトップページでもふれているように、日本では「テンジクネズミ」とも呼ばれています。それは、カピバラがテンジクネズミ上科というグループに分類されるためです。

カピバラのように、ネズミ上科でなくてもその仲間として扱われる動物がたくさんいます。

どんな習性があるの?

では、ネズミにはどういった習性があるのかを紹介しましょう。ネズミは人間のすぐそばにいる動物です。習性を知れば、ネズミとの付き合い方が分かってくるでしょう。「警戒心が強い」と「夜行性」という習性は、カピバラも同じですね。

  • 警戒心がとても強い
  • 環境に適応する能力が強い
  • 夜行性
  • 巣を作る
  • 通路が一定している
  • 集団でなわばりを持っている
  • 人間の食べるものなら何でも食べる
  • 2cm×2.5cmの穴ならば、通り抜けることが可能
  • かたいものをかじる

ネズミによるヒガイ

ネズミに頭を悩ませている人もいるでしょう。

「たかが、ネズミ」と思っても、そのパワーは大きなものです。いくら時代が変わってもおかまいなしに、ネズミによるさまざまなヒガイが発生します。一回に起こるヒガイは小さくても、それを繰り返されると大きなものになってしまいます…。

そのヒガイは、もちろんネズミの習性に関係したものです。一番困るのは、まわりのものをかじってしまうことではないでしょうか。壁や家具、食べ物をかじったり、ガス管、電線、パソコンのケーブルなどもかじります。電気関係がやられると、停電や火事にもつながりかねないので、注意しなければなりません。

ヒガイを受けないためにはエサになるようなものを放置しないで、押入れや床下、物置などネズミが出そうなところはいつもキレイに掃除しておきましょう。

ネズミのイメージ

みなさんは、ネズミにどんなイメージをもっていますか?丸い耳、とがった鼻先、長いヒゲとシッポが特徴的で、小さな体でチョロチョロと動き回ります。

そのかわいい見た目・しぐさとは反対に、いたずらの多さから悪者のイメージを持たれていることも少なくありません。

英語でマウスと言われるのはかわいいイメージの小型ネズミで、ラットのほうは悪いイメージの大型ネズミがほとんどです。

ネズミはアニメやゲームなどのキャラクターとして昔から人気を集めています!たぶん、世界中で一番有名なキャラクターはミッキーマウスでしょう♪このミッキーマウスは、ウォルト・ディズニーが飼っていたネズミがモデルと考えられています。


ねずみの天敵の猫ですが特徴的な動作で人の心をわしづかみにします。

猫のスリスリの意味やスリスリしてくる理由

猫のスリスリはマーキングの意味もありますので、自分のものや人に印をつけておくために行っています。特に、お尻周りやおでこは匂いが強いため、頭や尻尾を擦り付けてくる行動が多いといえます。外出して帰ってきた時に猫がこの動きをしていたら、再度自分の匂いをつけてマーキングしていると考えると納得できます。

出展:http://catcub.jp/tame/surisuri.html

↑ページの一番上にもどる

前のページへホーム次のページへ